協同食品株式会社

お問い合わせ
プライバシーポリシー

品質への取り組み

OPEN品質

「品質」が、一番。

当社では、商品を安心してご購入いただくのはもちろん、おいしいと感動できる商品・サービスの提供を目指しています。従業員一人ひとりがお客様視点に立った行動をすることで、お客様が満足し感動できる商品・サービスを提供していきます。どこにも負けない一番の「品質」が協同食品のテーマです。

OPEN品質

当社では、開かれた食品づくりを実現する取り組み「OPEN品質」を推進しています。

1:品質=安心しておいしくお召し上がりいただくために、お客様視点で商品・サービスの提供をする。
2:OPEN=お客様の立場から知りたい情報をできるだけ開示する。

この2つを組み合わせることで、お客様から求められる開かれた食品づくりを実現していく。これが私たちの「OPEN品質」です。
子供たちや家族、大切な誰かのことを考えながら食品を選ぶ人たちの想いに応えるために、すべての事業活動において「OPEN品質」を目指していきます。

協同食品での品質管理

1.外部認証取得

食肉加工工場では、平成10年にHACCPを取得しました。これにより食品の安全性に影響を与える危害を予測し、未然に防ぐシステムが確立されました。外部機関から客観的に評価してもらうことで、厳しいチェック体制を継続することが可能になっています。

2.各セクションでの検品体制

工場内には様々な検査機械を導入しています。しかし、機械だけに頼ることなく社員一人ひとりの目と手でひとつひとつ丁寧に検品することを重視しています。

3.検査体制

さまざまな条件下での商品の保存状態、鮮度の変化を検査し、生産ラインを常に最良の状態で維持することにより、安全・安心なおいしい商品を提供することができます。そのために様々な理化学検査を実施するとともに、担当者による官能検査を毎日実施し、安定した商品を製造しています。