協同食品株式会社

お問い合わせ
プライバシーポリシー

社内報「協食ジャーナル」より

さぬきうまいもん祭り「食の大博覧会」に参加!

香川県(さぬき)は、瀬戸内の温暖で安定した気候のもと、多くの優れた山の幸、海の幸に恵まれていますが、このような特産物の地元での認知度はまだまだ低いのが現状です。
このため、瀬戸内・香川の食「さぬきうまいもん」を県内外の多くの人に味わい楽しんでいただくなど、「食」をテーマとした様々な事業を官民一体となって積極的に展開することにより、県産品の振興を図り、「元気の出る香川づくり」を進めるために取り組んでいる「さぬきうまいもんプロジェクト(香川県・市区町村等の代表からなるプロジェクトです。)」の一環として、平成26年11月22日23日の2日間「食の大博覧会」がサンメッセ香川で開催されました。

「食の大博覧会」では、 食をテーマに展開する、「さぬきうまいもん祭り」の集大成として、旬の農水産品や加工品、スイーツ、工芸品等を一堂に取り揃え、香川の食の認知度向上を図るイベントで、物販のほか、県産食材を使った料理の提供、料理教室等のステージイベントが実施されました。

当社は、水産品・農産品などの展示販売ゾーンに「食肉加工品」の販売店を出店しました。

日本ハムブランドの主力商品である「シャウエッセン」や 「美食の定番」「彩キッチン」のベーコンを出品し、これらの商品が地元の香川県坂出市で製造していることをアピールすることがねらいで出品しました。

当日は、たくさんのお客様がご来場され、当社のブースにもたくさんのお客様にお越しいただきました。

「へー! シャウエッセンって香川県で作ってるんや。」 「日本ハムの商品いつも買ってるよ」 などたくさんのありがたいお声をかけていただき、準備した商品すべてが完売となりました。(改めて、ありがとうございました。)

当社は、地元香川において50年間、食肉の製造販売、食肉加工品の製造販売を行ってきました。この「うまいもんプロジェクト」の趣旨でもある「香川県の特産物が地元での認知度はまだまだ低いのが現状であり、もっと知ってもらう必要がある。」といった目的に賛同し、これからも地元の皆様に積極的にPRし盛り上げていきたいと思います。