協同食品株式会社

お問い合わせ
プライバシーポリシー

社内報「協食ジャーナル」より

食育レポート

今月は、CSR活動の一つである、『食育活動』についての、私たち協同食品の取り組みのレポートをさせていただきます!
5月9日、坂出市内の小学校に通う子どもたちが、遠足の中で、私たち協同食品の工場見学に来てくれました!
「おはよう〜」というと、元気に「おはようございまーす!」と返してくれます。
どの子も元気いっぱいです♪

まずは、実際にベーコンやウィンナーを作っているところを見学に行く班と、ベーコンやウィンナーなどの豆知識クイズを交えての説明を聞く班に分かれてのスタートとなりました!
どちらの班も、初めて見るものや知ることがたくさんで、みんな目がきらきらしていました!



最後には、二班揃ったところで、イベリコ豚のベーコン、シャウエッセンの試食会!
出来たてのベーコンとウインナーをみんなでいただきました!
みんなで食べると美味しさもよりいっそうですね!

今回の工場見学を通して、、、
普段何気なく食べているベーコンやウインナーの、普段見ることがない製造過程や、ウインナーに使われている羊腸などを実際に目の当たりにして、びっくりした子もたくさんいたようでしたが、子どもたちの素直で率直な意見を聞けて、私もすごく新鮮な気持ちになれました!

そしてそして!
ベーコンやウィンナーだけではありませんが、私たちの食べている「食べ物」にはたくさんの動物の命がかかわっていて、たくさんの手間と思いがかけられて作られていることを、私も再認識させていただきました。
製造する側としても、食べる側としても、そういった事実があるということ、大切に、忘れないようにしたいものですね♪