協同食品株式会社

お問い合わせ
プライバシーポリシー

コンプライアンスへの取り組み

コンプライアンスへの取り組み

「誠実」が、誇り。

みなさまに「信頼」される企業であり続けるために「日本で一番誠実と言われる企業を目指す」が合言葉。
委員会・勉強会などを開催することで社員一人ひとりが、主体的にコンプライアンスに取り組んでいます。毎日の行動は「行動基準ハンドブック」でチェック。繰り返し、繰り返し復習することで、「誠実」な行動が自然に見につきます。事業活動の根底にコンプライアンスをおくことで、お客様が心から満足していただける企業活動を行い、社会の一員としての責任を果たし、社会発展に寄与していくことを目指していきます。

コンプライアンス経営の徹底

当社では、コンプライアンス経営の徹底を最重要課題と位置づけ、社内体制を整えると共に、法令違反を「しない風土」「させない仕組み」づくりに取り組んでいます。
役員・従業員一丸となって、「現場業務に沿った法令遵守に関する教育と周知徹底」「法令に違反しない倫理的マインドの醸成」「業務手順について相互チェック機能が働くものに変更する」など内部統制を構築し、コンプライアンスの徹底に努めています。

協同食品での取り組み

コンプライアンス委員会

テーマに対して各職場代表者が集まって議論する「コンプライアンス委員会」を毎月開催しています。
役員・従業員が出席するこの委員会では、活動計画の策定・活動の状況のチェック・改善点の提案などに取り組んでいます。

コンプライアンス大会・コンプライアンス勉強会

職場単位で活動したコンプライアンスへの取り組みについて報告する「コンプライアンス大会」や「セクハラ・パワハラ」「飲酒運転」などテーマを決めて勉強する「コンプライアンス勉強会」などを定期的に開催しています。
従業員のコンプライアンス意識の浸透を図ることに取り組んでいます。